2019年10月2日

高速PDCAの重要性

おざわ代表です。

消費者の嗜好の変化や技術の革新のスピードは日々速くなっています。
会社はこれに遅れることなく供給を続けなければなりません。
今日は、会計だけでなく、一般的な戦術としてのPDCAについて考えます。

PDCAとは

PDCAとは、P(計画)➡D(実行)➡C(検証)➡A(改善)➡Pの流れです。
皆さん知っていますし、何をいまさらと思われると思います。
しかし、現在実践的なPDCAがクローズアップされることが多いです。
キーワードは『細分化』『高速』『仮説』『データ』『数値』です。

会計分野での使用方法

僕は「お金」「時間」「価値」「信用」のバランスを前提に社長と話をします。
会計は上記のうち、「お金」と「信用」に関わります。
お金が減っている、増やすためにはどうするか(お金)?
赤字になりそうだ、黒字にするためにどうするか(信用)?
ここで仮に、予算や前年同期と比べて原価率が5%高かったとします。
そのため、なぜ原価率が上がったのかを分析します。
会計数値より仕入単価の上昇が原因と考えました。
その時に他の業者の可能性を考えて、相見積もりなどの方法を細かく計画します。
この計画をすぐに実施可能なところまで持っていき、実施するのが高速PDCAです。
一連の流れには『細分化』『高速』『仮説』『データ』『数値』のすべてが入っています。
PDCAには仮説が必要です。
帳簿が間違っていなければ仕入単価は上がっているはずですので計画しやすくなります。
帳簿はデータです。データは仮説の精度を高め、PDCAの効率性を高めます。
そして実施可能なところまで持っていくのは細分化です。
壮大なPDCAは時間がかかるし、仮説が間違っていたら大きな損害となります。
細かくすればPDCAは高速化します。

マーケティングでの使用方法

マーケティングのスタートは自社や商品を知ってもらうことです。
知ってもらうことで「価値」や「信用」が高まります。
知ってもらうためにどうするか、最初は試行錯誤です。
この試行錯誤がPDCAです。
例えばインスタのフォロワーを増やせば自社や商品を知ってもらえると考えました(仮説)。
そのためにインスタで情報発信します。
ここで数値目標がなければただ淡々と発信するだけですので半年で1000人(数値)を目標にします。
1ヶ月間(高速)〇〇〇をして、まずフォロワーを100人(細分化)にしようと手段を決めます。
1ヶ月後に100人を超えなければ、その手段を改善します。
100人を超えたらそのまま続けるか、コツを掴んでいればよりいい方向へ改善します。
ここで成功例と失敗例がでてきます。PDCAにおいては成功だけでなく失敗も財産(データ)です。

まとめ

・PDCAは細かく速くが重要
・PDCAにはしっかり検証するために数値が必要
・PDCAのPにおいては仮説が必要、仮説の精度を高めるのがデータ
・PDCAでは成功だけでなく失敗も財産
・データを効率的に入手することも経営者に必要な能力


ページTOP

2019年8月17日

QR決済戦争

おざわ代表です

決済分野で覇権を取ろうとしている会社はおそらく以下の4社になるのではと思っています。
・ソフトバンク
・楽天
・LINE
・メルカリ
それぞれを簡単に考察して近未来の予想と僕らにとって大事なことをまとめました。

おざわ代表の視点

視点は「決済だけでないこと」です。なぜなら顧客は決済をしたくて消費しているわけではないからです。
顧客にとってお得で便利で簡単でわかりやすいものが残ると思います。
アマゾンがそうですが、「消費者はどう思うか」からビジネスを組み立てている会社が残ります。
顧客にとってお得で便利で簡単でわかりやすいものは「デジタル化」です。
僕はデジタル化しない会社、デジタル化に対応しない会社は苦しくなるという視点を持っています。

それぞれの個性

ソフトバンクは通信から顧客の価値を追求しています。
一方で小売や消費者との接点は少ないといえます。

楽天は小売から顧客の価値を追求しています。
一方で、消費者との接点や、通信はまだ弱いです。

LINEは顧客との接点でその価値を追求しています。
一方で、小売や通信は弱いです。

メルカリはフリマ(一応小売)で顧客の価値を追求しています。
一方で、消費者との接点や通信は弱いです。

ソフトバンクの方向性

ソフトバンクは小売の弱点を補うためにヤフーを使って小売を強化しています。
小売の規模としてはメルカリと同じくらいです。
また、ソフトバンクとしての消費者との接点は少ないですが、
DiDiやスマホ、野球ではかなり生活に入り込んでいます。
ソフトバンクがなければ困るという形で消費者との接点という弱点を補うと思います。
ライドシェア(Uber)や自動運転(トヨタと合弁会社を作っている)など、
間接的に消費者を刺激するための未来戦略をスピード感を持って実行しています。

楽天の方向性

楽天は小売の首位争いでアマゾンがライバルになります。
中国ではアリババがアマゾンに勝ちました。
アマゾンの存在が楽天にとっては一番の課題かもしれません。
また小売以外の商品も多く、楽天エコシステム内は同じIDで行け割引もあります。
この仕組みはお得で便利で簡単でわかりやすいです。
弱点の通信はこれからですが、キャリアになりますし、アメリカのライドシェア子会社は上場しています。
決済では日本最強ですし、通信にも対応を進めています。
小売りという性質上、消費者との接点は少ないですが、先駆者であり、かなり浸透しているブランドです。
消費者の安心と信頼は得ているものと思います。

LINEの方向性

アクティブユーザーという意味で日本最強のSNSを持ち、決済を最重要視する戦略を出しています。
中国でアリババを猛追するテンセント(SNSから始まった)がそのモデルです。
しかしSNS→決済には論理一貫性がなく、まだ課題は多いです。
論理一貫性がないとは、顧客がたくさんいるから自然と決済するわけではないということです。
また、後発なので、みずほと銀行、野村と証券をとインフラ作りを大手と提携して進めています。
みずほと野村はブランドではありますが、大きすぎる提携先なのでスピードの点で不安が残ります。
そのため、上記2社と比較するとこれからという感じは大きいです。

メルカリの方向性

決算資料によると、現時点ではメルカリとメルペイで進める方向性のようです。
そういう意味では上記3社とは違うかもしれません。
不用品市場で売った代金をそのまま使うためのメルペイ。
メルカリのポイントを使いやすくするためのメルペイ。
ユーザであればメルペイを使うまでのハードルは低いです。
まだ消費者全体を取り込むというところまでは見ていません。
メルカリの補完としてのメルペイという意味で、上記3社と一線を画して進むのではないかと思います。

まとめ

・日本ではペイペイ、楽天ペイがメインになるが、アマゾンペイがライバルになる
・LINEペイは3番手として、メルペイはニッチになる
・真剣に考えて消費することは顧客視点の勉強になる
・顧客視点のため、経営者として最新のものや流行っているものには敏感でありたい


ページTOP

2019年8月5日

スタッフの誕生日

おざわ代表です。

今日はスタッフの誕生日でした。
パラグライダーのチケットで普段のストレスを飛ばしてほしいです!


ページTOP