QR決済戦争

2019年8月17日

おざわ代表です

決済分野で覇権を取ろうとしている会社はおそらく以下の4社になるのではと思っています。
・ソフトバンク
・楽天
・LINE
・メルカリ
それぞれを簡単に考察して近未来の予想と僕らにとって大事なことをまとめました。

おざわ代表の視点

視点は「決済だけでないこと」です。なぜなら顧客は決済をしたくて消費しているわけではないからです。
顧客にとってお得で便利で簡単でわかりやすいものが残ると思います。
アマゾンがそうですが、「消費者はどう思うか」からビジネスを組み立てている会社が残ります。
顧客にとってお得で便利で簡単でわかりやすいものは「デジタル化」です。
僕はデジタル化しない会社、デジタル化に対応しない会社は苦しくなるという視点を持っています。

それぞれの個性

ソフトバンクは通信から顧客の価値を追求しています。
一方で小売や消費者との接点は少ないといえます。

楽天は小売から顧客の価値を追求しています。
一方で、消費者との接点や、通信はまだ弱いです。

LINEは顧客との接点でその価値を追求しています。
一方で、小売や通信は弱いです。

メルカリはフリマ(一応小売)で顧客の価値を追求しています。
一方で、消費者との接点や通信は弱いです。

ソフトバンクの方向性

ソフトバンクは小売の弱点を補うためにヤフーを使って小売を強化しています。
小売の規模としてはメルカリと同じくらいです。
また、ソフトバンクとしての消費者との接点は少ないですが、
DiDiやスマホ、野球ではかなり生活に入り込んでいます。
ソフトバンクがなければ困るという形で消費者との接点という弱点を補うと思います。
ライドシェア(Uber)や自動運転(トヨタと合弁会社を作っている)など、
間接的に消費者を刺激するための未来戦略をスピード感を持って実行しています。

楽天の方向性

楽天は小売の首位争いでアマゾンがライバルになります。
中国ではアリババがアマゾンに勝ちました。
アマゾンの存在が楽天にとっては一番の課題かもしれません。
また小売以外の商品も多く、楽天エコシステム内は同じIDで行け割引もあります。
この仕組みはお得で便利で簡単でわかりやすいです。
弱点の通信はこれからですが、キャリアになりますし、アメリカのライドシェア子会社は上場しています。
決済では日本最強ですし、通信にも対応を進めています。
小売りという性質上、消費者との接点は少ないですが、先駆者であり、かなり浸透しているブランドです。
消費者の安心と信頼は得ているものと思います。

LINEの方向性

アクティブユーザーという意味で日本最強のSNSを持ち、決済を最重要視する戦略を出しています。
中国でアリババを猛追するテンセント(SNSから始まった)がそのモデルです。
しかしSNS→決済には論理一貫性がなく、まだ課題は多いです。
論理一貫性がないとは、顧客がたくさんいるから自然と決済するわけではないということです。
また、後発なので、みずほと銀行、野村と証券をとインフラ作りを大手と提携して進めています。
みずほと野村はブランドではありますが、大きすぎる提携先なのでスピードの点で不安が残ります。
そのため、上記2社と比較するとこれからという感じは大きいです。

メルカリの方向性

決算資料によると、現時点ではメルカリとメルペイで進める方向性のようです。
そういう意味では上記3社とは違うかもしれません。
不用品市場で売った代金をそのまま使うためのメルペイ。
メルカリのポイントを使いやすくするためのメルペイ。
ユーザであればメルペイを使うまでのハードルは低いです。
まだ消費者全体を取り込むというところまでは見ていません。
メルカリの補完としてのメルペイという意味で、上記3社と一線を画して進むのではないかと思います。

まとめ

・日本ではペイペイ、楽天ペイがメインになるが、アマゾンペイがライバルになる
・LINEペイは3番手として、メルペイはニッチになる
・真剣に考えて消費することは顧客視点の勉強になる
・顧客視点のため、経営者として最新のものや流行っているものには敏感でありたい


ページTOP

スタッフの誕生日

2019年8月5日

おざわ代表です。

今日はスタッフの誕生日でした。
パラグライダーのチケットで普段のストレスを飛ばしてほしいです!


ページTOP

どこまで簡単に経済を説明できるのか挑戦してみました

2019年8月2日

おざわ代表です。

日本は2%のインフレを目標にし、金融緩和をしています。
しかし、他国と違って日本はなかなかインフレしません。
他国よりインフレしない=インフレしている他通貨に比べ円の価値が相対的に高くなる=円高。
先日、日銀が「モメンタムが損なわれる恐れがある場合は躊躇なく金融緩和する」と言及しました。
モメンタムは勢いと考えてください(すでに勢いはないような気がします)。
また、FRB(アメリカの日銀みたいなもの)も利下げする方向です。
(これは豆知識ですが、FRBの株主はアメリカではありません)

この政策でアメリカはいい感じにインフレし、活性化すると思います(ドルと比較してさらに円高になります)。
一方、日本は今でも金融緩和しているのにインフレしない。そしてインフレしない政策を続ける。
最近「奇跡の経済教室」という本を読みました(www.amazon.co.jp/dp/4584138958)。
この本、ほんの少し難しいですがすごく面白いですよ。

仮想通貨より円の方が仮想通貨

金融緩和というのは簡単に言うと、日銀が銀行に対しお金を使うようにけしかけることです。
一方、これはいろんな本に書いてありますが、実際に民間のお金が増えるのは銀行が個人や会社にお金を貸したときです。
銀行がお金を貸すと、預金通帳に数字が記載されます。
この記載によって「お金が増えた」というのです。
リブラはドルを担保にするとかなんとかなので、円(通貨)の方がよっぽど仮想です。

なぜ金融緩和で銀行の株価が下がるのか

日銀が「金融緩和」というと銀行は儲かるはずです。低利で多くのお金を貸せるのですから。
しかし、先日の日銀コメントで銀行株価は下がりました。
金融緩和すればお金が増えて、お金の価値が下がることで相対的にモノやサービスが高くなるからインフレ。
これを銀行が止めています。理由はわかりませんが、なかなか貸さないのです(担保主義?)。
そのため銀行は低金利の影響を受ける(金利収入が少なくなる)とされ、株価が下がります。
加えて民間にはお金が来ませんからインフレしません。そしてまた金融緩和です。

インフレさせるには

政府が国債を発行して、悪い意味に取られるかもしれまんが、バラマキをします。
財政支出を増やして、民間にお金を直接入れるのが早いです。
政府は赤字になりますが、政府が赤字になって怖いのはハイパーインフレと財政破綻です。
財政破綻は他国に国債を売っていない日本では理論的にあり得ないので、ハイパーインフレが怖いことになります。
しかし、インフレしないのにハイパーインフレを怖がっても仕方ないと思います。
財政支出して赤字を増やしながらインフレ率を見て調整する。
堀江さんなどこの仕組みを当然に理解されているのでベーシックインカム(全員に一定のお金を定期的に渡す)を前提とした論調ですよね。
この方法がインフレを担保しやすいです。

どこにばらまくのか

これはお金を使う方に渡した方がいいです。消費に回す可能性が高い方に渡す。
所得が低い方はもらったお金を消費に回す可能性が高いので、インフレの思惑と一致します。
これ、税金と同じ考え方です。国は物価が安定している限りにおいては本質的に税金を取る意味はありません。
それでも税金を取るなら、その理由は所得分配です。
手厚く保護したい産業や、所得が低い方にお金が集まる(税金を少なくなる)ようにし、
そうでないところからお金を取ります。
それなのに消費税率を上げる。
消費税率を上げることは所得分配でなくインフレ対策(インフレしないようにする)です。
消費税には平等に消費を減らす効果があり、お金が出回らなくなりデフレになります。
いま、急いで赤字を減らしてどうするのかなと思います。
会社じゃないのだから儲けても仕方ないんです。
すぐ財源は?っていう方は物価調整とビジネスを同じように考えているのかなって、
たぶん間違ってると思いながら聞いています。

まとめ

・日本は金融緩和が効きにくくインフレしにくい、だから円高になりやすい
・通貨を発行しているのは銀行、金融緩和では銀行がお金を貸さなければインフレしない
・政府の赤字はハイパーインフレがあるから怖い、インフレしていなければ怖くない
・政府がいったん財政支出をし、インフレ率を見て調整する方法が景気には一番効きやすい
・消費する人や会社にお金を回せば、結果としてみんな豊かになる
・経済対策はビジネスではなく、物価調整
・経済対策と財源の確保は全くの別問題


ページTOP

仮想通貨の存在理由

2019年7月29日

おざわ代表です

僕は会計事務所をやらせてもらっています。
そのため、ビジネスのアドバイスを求められることが多くあります。
私がその時に常に頭に置いていることは以下のようなことです。

・ビジネスはお金を何かに変えて、より大きいお金が帰ってくること
いろんなビジネスがあるが、基本は同じという意識を持つ
・ビジネスはお金と時間と価値のバランスを整えること
意識するのはこの3つのやり取りだけで十分です
・ビジネスで最も重視するのはコスト
管理可能性という視点に立てば、経営者が意識するのは売上でなくコストです。
極論だと思いますが、コストの9割は無駄ということを聞いたことがあります。

仮想通貨とは

いろいろな本で書かれているように以下のようなものを仮想通貨といいます。
・特定の国に属さず、運用主がいない
・技術(ブロックチェーン)を担保にしている

仮想通貨は使えるのか?

例えば世の中でなんでこんなに高いの?なんでこんなに不便なの?って思うものがありますよね。
僕は銀行の振込手数料は高いって思います。
これは銀行の責任がすごく重いからです。
銀行であれば効率性を犠牲にしてマネーロンダリングやテロを防ぐ責任を国に代わって果たしています。
冒頭に全く関係のないことを書きましたが、そこで書いた「(自分にとって)無駄なコスト」を全国民で平等に負担しています。
仮想通貨は特定の国に属さず、運用主がいないので、そういうコストを負担しなくていいことになります。
理論的には使えます。

円に代わることはあるのか?

それはないです(今の仮想通貨では)。
ビットコインは最小単位と流通上限が決まっていて、運用主がいません。
これの意味するところはインフレ、デフレが起きた場合、それを一手に解決する所がないということです。
そのため、円の非合理を補完する存在としての役割が想定できます。
ちなみに話題のリブラやJ-COINなどはすごく通貨に近い仮想通貨です。仮想通貨じゃないかもしれません。

まとめ

・仮想通貨は通貨の補完として使える可能性がある
・リブラは通貨に近い
・経営におけるコスト管理の一環として仮想通貨に興味をもっておくべき


ページTOP

HAPPY BIRTHDAY !

2019年7月29日

こんにちは。

スタッフブログ、久々の更新です。

先日は代表小澤の42歳の誕生日でした。

今年のプレゼントはTシャツとポロシャツのセットです。

一緒に写真撮りましょうと声掛をかけると、早速オフィスで着替えてくれました。

その行動に女性陣からは 「代表、可愛い。。」との声も( *´艸`)

代表にとって嬉しい言葉かどうかはわかりませんが

たまには「可愛い」もいいですね(笑)

おまけde名言集

池乃めだか(日本のお笑いタレント、喜劇俳優)

『会社の上層部に変わって欲しいと思う人もいれば、そのままでって人もいる。

まぁ、会社にお願いしたいことは、背の高くなる薬を開発してほしいってことやね。』

俯瞰して物事を捉えた発言の後で、きっちりオチをつける。まさにプロ!

組織に属していれば、価値観も多様だし、立場によって正義も異なる。

でも、結局は目の前のお客様と真摯に向き合い、自分のすべき仕事を極めることが大切なんですよね~。


ページTOP

ヤフーとアスクルは違う

2019年7月19日

小澤代表です 本当は今週末あたりに仮想通貨について書きたかったのですが、僕にとって大きなニュースが飛び込んできました。 ヤフーとアスクルのLOHACOをめぐる争いについて簡単に私見を書かせてください。僕はヤフー寄りです。

アスクルの主張

2012年の業務提携契約を全面に出しています

  • ヤフーはイコールパートナーシップの約束を守っていない
  • 役員の決定は一部を除きアスクルが行う約束
  • EC事業においてアスクルの決定にヤフーは協力する

これが守られていないと主張します。

ヤフーの主張

一つだけです

・新たな経営陣で新たな経営戦略を行ってほしい

両社の違い

アスクルはネットで直営店を持つ小売業です。自社でロジスティクスを作り、それを強みにしています。 一方、ヤフーはソフトバンクグループとしてプラットフォームを確立することが求められます。小売についてはアマゾンや楽天に早く追いつき、シェアを拡大したいと考えています。ライバルは上記アマゾンや楽天に加え、アリババやUberなどになります。

アスクルは遅いと思われている

ここが大きなポイントになると思います。今回の争いの原因はアスクルのやり方ではシェアの奪い合いに負けるという判断なのではないでしょうか。 アスクルは着々とLOHACOを育てています。ここ3年で18.8%増、30%増、23.1%増となっています。これがヤフーからしたら「とんでもなく遅い」と感じると考えました。言い過ぎかもしれませんが、「一桁足りない」と思っているかもしれません。 ヤフーなら場を提供するビジネス(大きな意味でのシェアリングエコノミー)をするのだなと想像できます。 この状況はヤフーにとって、フィンテックでしか協力を得られていないと感じてしかたないです。

アスクルの言い分は誠実でないと思われている

「昔約束したから」はどうでしょうか?それはアスクルが結果を出している限りにおいて通用する言葉ではないでしょうか。 結果の解釈が全く違うとなれば協力して改善していくのは当然です。アスクルとヤフーでは見ているところが違うということを本気で考えて理解してこその業務提携でなければなりません。 アスクルは日進月歩の時代に変わっていくことがむしろ必然であるヤフー、ソフトバンクのビジョンを考えていたのでしょうか。ここを考えずに誠実性を語ることに誠実性はあるのでしょうか。

でも業務提携は続けてほしいのです

僕はLOHACOユーザーです。好きなんです。 運営はヤフーにやってほしいです。これはソフトバンクのビジョンから外れないためです。アスクルも物流において本当に強い会社です。その強みでヤフーを支えたほうが合理的ではないかと考えています。 LOHACOが民間経済圏を作れていない会社と提携した場合、僕は楽天とソフトバンクの住人なので使えなくなります(自主ルール)。

まとめ

・アスクルが運営、ヤフーが協力の状況をヤフーが運営、アスクルが協力

・その方が強みを出しあえるし、一番上のソフトバンクの意向が伝わりやすい

・アスクルは提携相手(親会社)のビジョンを理解していないか、無視している

・僕はLOHACOを使いたい!                      


ページTOP

消費2.0

2019年7月16日

おざわ代表です。

まず、「民間経済圏」という考え方を紹介します。

民間経済圏とは

僕が思い付きで書いている言葉ですが、使っている人もいるかもしれません。

楽天エコシステムという言葉を聞いたことがある方もいると思います。

https://adsales.rakuten.co.jp/business/rakuten/

楽天は皆さんの生活を楽天で完結できるようにビジネスを組み立てています。

ソフトバンクもこの考えを持っています。

https://www.softbank.jp/corp/business/

また、アリババのジャック・マーはこのように語っています。

「2036年、世界の経済体トップ5の顔ぶれはこうなっているだろう。米国、中国、欧州、日本、そしてアリババだ」

そしてアリババの筆頭株主はソフトバンクです。

具体的な言葉で説明せず申し訳ないのですが、こんな感じです。

節約や倹約は嫌いな僕が選んだ消費方法

民間経済圏の考え方を知ると、消費の際の判断基準に「何を買うか」と同様かそれ以上に「どこで買うか」が重要になっていると感じています。

僕は税理士と会計士をしていますが、節約とか倹約は嫌いです。しかし、同じものを高く買う必要はないと思っています。必要な買い物は早く安く済ませて、趣味の馬(競馬と一口馬主)に時間とお金を使いたいと思っています。

前述した民間経済圏はプラットフォームビジネスで勝者となるために激しい顧客獲得競争をしています。キャンペーンが多いので、乗っかればお得です。

そしてその競争は簡単には終わりません。そのためお得であり続けます。

また、たくさん納税しても優遇されない国と異なり、民間経済圏は民間企業ですから消費した分の優遇があります。同じ言葉ですが、優良顧客は大事にされます。

そのため、一度経済圏を決めればそこで生活のすべてを揃えたらいいのです。

つまり、どこで買うかを考えなくていいし安くなる。

なんのリスクもなく、お金と時間を手に入れられる。そんな取引を選ばない僕は僕ではありません(どんな僕なのかは少しずつ話していきます)。

消費2.0

「何を買うか」ということを「消費1.0」とするならば「どこでなにを買うか」ということを金銭と時間で考える思考を「消費2.0」としています。深い意味はありません。

お金を使うことはすごく大事です。僕の会社のお客様にもお金を使う意味はどこまでもきちんと考える必要があると伝えさせていただいています。経営におけるコストはもっと深く考えるべきですが、消費生活もこれくらいは考えたほうがいいはずです。

それが「消費2.0」です。

まとめ

・消費2.0は住人になる民間経済圏を判断する考え方

・民間経済圏の住人になればお得に生活できる

・民間経済圏の住人は判断が早いので時間が残る

・僕は楽天とソフトバンク両方の住人です

・(僕は残った時間とお金を無駄に使う)

今回はかなり抽象的に消費について書きました。

続いて民間経済圏を掘り下げたい気持ちはありますが、しばらくは前書きを続けたいと思っています。

それが終わったら僕の使い方を含めて具体的に民間経済圏を掘り下げたいと思います。

読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 


ページTOP

スタッフブログはじめました

2018年10月22日

%e7%ac%b9%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93%ef%bd%82%ef%bd%84

こんにちは。

スタッフブログはじめました。

小澤曽川税理士法人の雰囲気や先生の人柄などを

お伝え出来ればと思います。

 

 

さて、今日は英語が堪能なスタッフSさんにバースデープレゼントをお渡ししました(*^_^*)

少人数の会社ですので、誕生日は必ずみんなでお祝いをしています。

忙しい時期でも、”今年は何にしようか??”

とプレゼント選びには妥協がありません(笑)

設立当初から続いているので、どんなに大所帯になっても続けたいものです♪

 

 

 

 

おまけde名言集

『誰もあなたの代わりに腕立て伏せをすることはできない』

ジム・ローン(アメリカの企業家、成功哲学者1930 ~2009)

誰かにやってもらっても、自分を強くすることはできない。

自分を鍛えようとするならば自分で行動しなければならない。

 

今日から腕立て伏せを始めようカナ。。。


ページTOP