原価計算 | 小澤・曽川税理士法人

原価計算

2012年6月2日

こんにちは。大阪市北区中津の公認会計士・税理士の小澤悠二です。

ここ1ヶ月ほど、独立してからもっとも忙しくさせていただいており、久々のブログ更新になります。

更新できていないことを気にしてはいたのですが、あまりに忙しく。。そんな折、このブログを日本で最も楽しみにしているであろう田舎の母親から「更新がないから、身体は大丈夫か」という内容の連絡が来ました。連絡をおろそかにしている両親にとっては私が元気にしているかを確認するツールになっていたようです。更新し続けることの重要さを感じ、今日から再開します。

今日は父親の70歳の誕生日です。まだまだ若いと思っていましたが、世間的には立派なお爺さんです。早く安心させてあげたい思いはありますが、まだまだ長生きしてほしいので、もう少し心配かけようかなと思っています。

前置きが長くなってしまいましたが、今日は「原価計算」です。標準原価計算、直接原価計算など細かい話はいたしません。「原価計算をされていますか?」という内容です。

今後消費税の増税を控え、中小企業においては価格に増税分を転嫁できないことによる原価割れが発生することが予想されます。では最低いくらで売ればいいのですか?それの目安が「原価」になります。仕事のなかには原価割れをしても取らなければいけないものはあります。ただ、原価がいくらか把握しておかなければ原価割れをしているのか、していないかもわかりません。原価割れの商品と、原価割れしていない商品をセットで売り、全体として原価割れを回避する戦略、原価割れをしていない商品に力を入れる戦略など、原価を把握することは経営戦略の重要な要素になります。

原価には材料費・労務費・間接費があります。この3つを足したものを「原価」と考えて問題ありませんが、作ったものが全部は売れない場合もあります。1割は売れ残って最終的には廃棄するのであれば原価は1割多く見ておかないといけません。

小澤会計事務所の事例でも、原価計算を見直すことにより、問題点が多く発見されたお客様がおられました。お客様は得意先との交渉をするなど、一歩前に進んだ戦略をとられています。見直さなければ何もしなかったわけですから、交渉の結果如何を問わず有意義であったと自負しております。



ページTOP


コメントを投稿する